預貯金と口座取引など銀行の賢い使い方

住信SBIネット銀行の目的ローンを利用する

 

カードローンと目的ローンの違う点

住信SBIネット銀行でお金を借りようとする場合にカードローンやフリーローンを利用するか、それとも住宅ローンやマイカーローンのように目的ローンを利用するかに分かれると思いますが、基本的にカードローンに比べると目的ローンの方が相対的に金利は低い傾向にあります。

これは目的がしっかり決まった借り入れと言うのは完済までのイメージを事前に立てていることが多いのも理由としてありますが、それよりもカードローンのように好きなタイミングでいつでも借りて返済することができる自由性がないので、新たに借り入れを増やす心配がないのもリスク低減という観点からの金利の低さです。

カードローンを利用する場合は取引をするためのキャッシュカードサイズのカードを配布してもらって、それを利用してからの取引が基本になってきますが、どれくらいの金額を借りることができるかどうかという点については審査によって決まります。

住信SBIネット銀行ではカードローンだけでなくさまざまなローンサービスを提供しており、それぞれのローンによって設定されている金利は違うので、まずはどのような目的を持って借りるかということから対応するローンを探すようにしましょう。

また、どのような形のローンであってもお金を借りた以上は借金をしていることになるので、きちんと完済に向けて返済を続けていくことがお金を借りる上での必須条件になってくることを忘れないようにしなければなりません。

 

住信SBIネット銀行の教育ローン

住信SBIネット銀行では教育ローンを用意しているので、これから進学することを考えているのにお金が足りないという場合でも安心して借りることができますが、借り入れることができる金額についても10万円という少額なお金から1000万円という高額なお金まで幅広い範囲で借りることができます。

住信SBIネット銀行の教育ローンは借り入れの期間についても幅が広いのが特徴ですが、1年から15年までの返済期間を設定することができるので、一回あたりの返済負担を軽減したいのであれば15年の長期ローンを組んで対応することもできます。

こう言った教育のローンを利用する場合は10年の借り入れが最長になっているところが多いことを考えると15年という期間の設定はかなり有難いという人が多いのではないかと思いますが、住信SBIネット銀行のホームページ上には返済シミュレーションなる専用ツールが用意されているので事前に利用をしておくことで完済に向けたイメージができます。

また、同じくホームページ上には仮審査のツールも設置されているので、これを利用することによって自分が利用できるかどうかの可否が分かります。

ただし、ここで借り入れることができると診断されても細かい審査を受けた場合に借り入れができないこともあるので、仮審査の結果に絶対性は無いという点に注意をして利用することが重要になります。

また、教育ローンを借り換えすることもできるので比較して金利が低い場合は借り換えとして利用するのも方法です。

 

住信SBIネット銀行のリフォームローン

住宅を建ててマイホームを所有することを夢の一つだと考えている人は多いと思いますが、せっかく苦労をして建てたマイホームもいずれは経年劣化してしまうことになり、それに伴って定期的なリフォームが必要となってきます。

住信SBIネット銀行ではリフォームをする人のために向けたローンが用意されていますが、住宅ローンとは違うタイプのローンになっているので、住宅ローンの申し込みをする時のようにさまざまな種類を用意する必要もありません。

住信SBIネット銀行のリフォーム専用ローンでは借り入れることができる金額は10万円から1000万円で設定されており、期間についても1年から10年で設定されているので無理なく借りることができると思います。

また、リフォームのローンについても返済シミュレーションのツールが用意されているので、あらかじめ利用しておくことによってどれくらいの金額を借りたら返済期間や返済額がいくらになるかを知ることができます。

また、いきなり本審査に移るのではなく仮審査というクッションが用意されているので、まずは利用することができる可能性があるかどうかということを調べておくようにしましょう。

リフォームローンは耐震工事や住宅機器などの購入だけでなく太陽光発電の導入にかかる費用やリフォームローンを既に利用している場合はそれを借り換えるための用途としても利用することができるので、総合的に考えてもかなり便利なローンサービスになっています。

 

住信SBIネット銀行の自動車ローン

生活に欠かせない車は新車だけでなく中古車もかなり市場に出回っているため、車が高いと感じる人でも中古車を購入することによって車購入にかかる負担を軽減することはできますが、それでも機能性を考えると数十万円という費用がかかってくるので経済的な負担はきついと感じる人が多いと思います。

住信SBIネット銀行ではお得な金利で借りることができる自動車ローンを用意しているので、これを利用することによって車を一括購入せずに分割購入して毎月の負担を軽減しながら完済を目指すことができます。

また、住信SBIネット銀行で自動車ローンを利用する場合は仮審査の申し込みをすることができるようになっているので、あらかじめ仮審査ツールを利用して借り入れができるかどうかを確認してから申し込みをするようにしましょう。

住信SBIネット銀行の自動車ローンはとにかく金利の低さが人気の理由になっていますが、低金利でお金を借りることができるので金銭的な負担はかなり小さくなるので、返済が長期になったとしても総額で支払う金利の金額は少なくなります。

また、臨時収入などが発生したという理由で繰り上げ返済を検討する場合もあるかと思いますが、繰り上げ返済に手数料がかかるところが多い中、住信SBIネット銀行では手数料が不要で繰り上げ返済することができます。

総合的に考えてさまざまなメリットがあり魅力ですが、100万円までの借り入れなら年収を証明する書類も不要なので手間もかかりません。

フリーローンとは?

フリーローンは名前の通り自由な用途で利用することができるローンサービスの一つですが、カードローンと違うのはあらかじめカードを発行してもらうのではなく、指定した金額を口座に振り込んでもらって、そこから必要な金額を使用して後は完済に向かった返済を進めていきます。

住信SBIネット銀行だとフリーローンではなく多目的ローンという名称でサービスが提供されていると思いますが、一度に借りることができる金額は10万円から1000万円に設定されており、借り入れができる期間についても1年から10年になっているので安心して利用することができます。

住信SBIネット銀行の多目的ローンはさまざまな用途に利用することができるようになっており、結婚をするための資金として利用することや引っ越しにかかる費用として利用することも可能で、さまざまな目的に応じて利用することができます。

ただし、多目的であっても事業性の投資や借り換えローンとして利用することはできないので、これらの用途でお金が必要な場合は目的ローンを利用して利用するようにしなければなりません。

住信SBIネット銀行の多目的ローンは指定されている所定の条件をクリアすることによって金利が下がるキャンペーンを受けることができるメリットや借り入れる金額が100万円までなら年収の証明書が不要であるメリットもあります。

また、利用における明細書についても自宅に郵送されることがないので安心して利用することができます。

 

不動産を担保にしたローン

最近は保証人や担保を不要としてお金を借りることができるようになりましたが、これは仲介業者が中に入って保険会社的な役割をしてもらう金融機関が増えたためで、当然ながら仲介会社が入ることによって余分な手数料が発生することになり、これが金利に反映されることで金利が相対的に高くなります。

中には絶対に返すことができる自信があるという人もいるかと思いますが、少しでも低金利でお金を借りたい場合は不動産を担保にしてローンを利用する方法もあり、これだと通常のローンに比べるとさらに金利は低くなります。

住信SBIネット銀行でも不動産担保型のローンを提供していますが、借りることができる金額についても不動産によってかなり変わり、場合によっては一億円という高額な費用を借りることができる場合もあります。

また、金利については変動金利になり3.9%から8.8%の中で金利が設定されることになりますが、毎月の金利見直しになるので借りている金額に対してかかってくる金利が変動する点には注意をしてお金を借りる必要があります。

住信SBIネット銀行で不動産担保型のローンを利用する場合は借り入れまでの期間がかなり長くなってしまう可能性があるので、すぐに借りる必要がある人にとっては少々デメリットもあります。

また、担保があるからと言って100%の借り入れを証明するものではないので審査の結果によってはお金を借りることができない場合もあるので注意が必要となります。

キャッシングの低金利ランキング&おすすめカードローン一覧

あなたの状況に合わせて 下記の3ページから選んでくださいね^^

一時的にお金を借りたい! 30日間無利息のカードローン

今日中にお金を借りる必要⇒ 即日融資 当日振込カードローン

1番安い低金利キャッシングのカードローン比較!今年の最新版

みずほ銀行とソフトバンクの共同出資によって、AIが信用スコアを算定して融資貸付の審査を行う新しい個人向け融資の形が生まれました↓↓↓
J.Score(ジェイスコア)の審査は AIスコア・レンディング!
金利とスコアアップ基準

 

-預貯金と口座取引など銀行の賢い使い方

Copyright© 人生ファイナンス投資 , 2020 All Rights Reserved.